文章の訂正・追加 2014/04/28
ATTESAの解説を修正 2016/02/21

写真

左後

左前

室内

計器類

エンジン

E-RNU12 BLUEBIRD SSS-ATTESA Limited

車体

全長  4520mm
全幅  1,690mm
全高  1,360mm
室内長 1,905mm
室内幅 1,420mm
室内高 1,115mm
前トレッド 1,460mm
後トレッド 1,440mm
ホイールベース 2,550mm
最低地上高 150mm
タイヤ 195/65R14H
車両重量  1,360kg
乗車定員  5名
最小回転半径  5.4m
燃料タンク 60L
10モード燃費  7.8Km/L(4AT)
駆動方式 フルタイム4WD(50:50)
懸架方式  前 独立懸架トランスバースリンク式ストラット
懸架方式  後 独立懸架パラレルリンク式ストラット STS-Sus(スパートーコントロール)
ショックアブソーバーは減衰力を3段切り替え可能(3ウェイアジャスタブルショックアブソーバー)

エンジン

型式 CA18DET型
種類 水冷直列4気筒DOHCターボ
排気量 1,809cc
最高出力  175PS/6,400rpm
最大トルク  23.0kg・m/4,000rpm
内径×行程 83.0mm×83.6mm
圧縮比 8.5
過給機 空冷式インタークーラー付ターボ
燃料  ハイオクガソリン
ボアピッチ 91.5mm
シリンダーブロック 鋳鉄
シリンダーヘッド アルミニウム合金
吸気 可変吸気(NICS)
バルブ機構 可変バルブタイミング・動弁機構(DOHC16バルブ 直動式)
点火 1-3-4-2
ダイレクトイグニッション(NDIS)

ATTESA

ATTESAとはイタリア語で予感・期待を意味する言葉でAdvanced Total Traction Engi-neering System for Allの略です。
SKYLINE等のFRベースのATTESAとは異なり、フルタイム4WDです。
搭載車両及び同じSSS ATTESA-Limitedでも前期(CA18DET)と後期(SR20DET)ではビスカスLSDの数が異なっています。
U12前期型(CA18DET)はセンターデフとリアデフにビスカスLSDが搭載されており、フロントはオープンデフです。
ビスカスLSD2個搭載では、氷の上など2輪が空転しても駆動力を失いません。
少し変わっていると思われるのがセンターデフのLSDはエンジン出力とフロントの間に設けられています。 下図はHTML5でSVGを使用しています。閲覧には、対応したブラウザを使用してください。 SVGの代替画像 エンジンから フロントデフ トランスファー センターデフ センタービスカスLSD プロペラシャフト リアデフ リアビスカスLSD カタログをトレース

4AT

ロックアップ付の4ATです。ただしOD時でスロットル開度1/8以下の場合、71~78km/h以上の場合のみロックアップします。
ギア減速比
12.785
21.545
31.000
40.694
R2.272
最終減速比4.42