ラック&ピニオン式ステアリング

ラックギア タイロッド ピニオンギア ステアリングシャフト ハンドル SVGの代替画像
ラック位置
ハンドルを回すとステアリングシャフトを介してピニオンギアが回転します。
実際にはハンドルとピニオンギアが同軸上ではなくユニバーサルジョイントを介して接続されています。
ピニオンギアの回転によりラックギアが左右に動きタイロッドを介してナックルを駆動しタイヤを左右に回転させます。
右と左でタイヤの切れ角が異なります。これはカーブを曲がりやすくするためのもので、カーブの内側のタイヤの方が切れ角が大きくなっています。
これはアッカーマン式ステアリングを原点としているものです。
上のプッシュボタンをクリックする以下のような動作をします。
 Left  ハンドルを左に回転
 直進  ハンドルをセンターにする
 Right  ハンドルを右に回転
 Demo  ハンドルを自動的に左右交互に回転を繰り返す
 Set  ラックギアの位置を-800~800の範囲で設定
 Stop  ハンドルの回転を停止