概要

本ページはHTML5でSVGを使用しています。閲覧には、対応したブラウザを使用してください。
Javascripが動作するようにしてください。
名称
排気量2,324
ボア81.0
ストローク90.2
圧縮比10.5
最大馬力170PS/6200rpm
最大トルク22.4kg*m/3200rpm
VWでV5のロゴがある車があります。珍しいのでどのような構造になっているか気になりました。 ネットで調べるとバンク角15度で等間隔(720度/5=144度)で点火しています。 このエンジンについては情報がなく、ネットのエンジン断面図から推定しました。 下図はそれを元に作図したものです。 基本的には直列5気筒に近い特性になります。 点火順所は1-2-4-5-3となっています。
角度θ=



5 4 3 2 1 x y z SVGの代替画像
// 1気筒目 1 // 2気筒目 2 // 3気筒目 3 // 4気筒目 4 // 5気筒目 5 x y SVGの代替画像
1 2 4 5 3 15° 144° 144° 144°-15° 144° 回転 x y SVGの代替画像
各種形式のエンジンのシリンダーを上から見た様子を下図に示します。
エンジンは気筒あたりの排気量が似ているものをピックアップしてみました。
EJ20の横幅が広いのがよくわかると思います。下図はシリンダーのみであり、実際には動弁系がさらに左右にありますのでさらに幅が広くなります。
VG30とそれほど長さが変わらないのに、横幅はやたら必要となります。
VR5エンジンはVR6からシリンダーを1個とった構造(青色のシリンダー)となっています。
バンク角が15度と挟角なのでボアピッチを詰めすぎると左右のシリンダーが干渉してしまうのでボアピッチを大きくとる必要があります。
VR5 130 130 L28 96.5 96.5 98.0 96.5 96.5 CA18 91.5 91.5 91.5 VG30 108 108 41 EJ20 113 x z SVGの代替画像
VR5L28CA18VG30EJ20
形式挟角V5直6直4V6(60度)水平対向4気筒
排気量23242753180929601994
ボア*ストローク81.0*90.286.0*79.083.0*83.687.0*83.092.0*75.0