概要

日産自動車創業時の本社建物(神奈川県横浜市)の中に有り、歴代の日産エンジンが展示されております。
また、エンジンパーツ等の展示もされています。
展示エンジンは、年に2回入れ替えを行っているようです。
以下が、日産エンジンミュージアムのリンクとなっています。
日産エンジンミュージアム

直4、直6、V6、V8の比較

直4、直6、V6、V8のエンジンのクランクシャフト、シリンダブロック、シリンダヘッドが並べて展示されています。
直6エンジンの長大なクランクシャフト、直4エンジンとV6エンジンがほぼクランクシャフトが同じ長さであること、V型エンジン特有の偶力によるすりこ木運動をキャンセルさせるために、エンジンの前後のウェイトを大きくしているのがわかるかと思います。
全般的にV型エンジンの方がウェイトが大きくなっています。
エンジンの振動特性は、各レシプロエンジンの慣性力・偶力の一覧 を参照してください。
MR20RB25VQ35VK45
形式直4直6V6 バンク角60度V8 バンク角90度
排気量1,9972,4983,4984,494
ボア84.086.095.593.0
ストローク90.171.781.482.7
ボアピッチ96.5-96.5-98.0-96.5-96.5mm108112
注釈

上記のチェックボックスのチェックを消すと写真上の艦名が消えます。写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

クランクシャフト

MR20 直4 RB25 直6 VQ35 V6 VK45 V8 SVGの代替画像 MR20 直4 RB25 直6 VQ35 V6 VK45 V8 SVGの代替画像
MR20 直4 RB25 直6 VQ35 V6 VK45 V8 SVGの代替画像

シリンダブロック

RB25 直6 VQ35 V6 VK45 V8 SVGの代替画像

シリンダヘッド

RB25 VQ35 右バンク VQ35 右バンク SVGの代替画像

コネクティングロッド

RB25 MR20 SVGの代替画像

S20エンジン 1969年

直列6気筒、当時としては珍しいDOHC24バルブエンジンです。
バルブ挟み角が現在のエンジンと比較すると非常に広いです。
3代目スカイラン(KPG10,KPGC10)、4代目スカイライン(KPGC110)のGT-R及びフェアレディZ432(PS30,PS30SB)に搭載されました。
排ガス規制(昭和48年排出ガス規制)に伴い1973年3月に製造終了となりました。
エンジン左側が吸気、右側が排気です。
形式直列6気筒
排気量1989
ボア*ストローク82*62.8
圧縮比9.5
最高出力160PS/7000rpm
最大トルク18.0kg・m/5600rpm
燃料有鉛ハイオクガソリン
燃料供給装置ミクニソレックスN40PHHキャブレター*3
燃焼室形状多球形
バルブ駆動DOHC 1段目ギア駆動 2段目チェーン
バルブ挟み角60
整備重量199

L20ET 1979年

国産乗用車で初めてのターボチャージャーを搭載したエンジンです。
L20Eをベースに圧縮比を下げギャレット・エアリサーチ製ターボチャージャーを搭載しました。
運輸省の形式認定を受けるに際しターボは馬力を稼ぐためのものなので許可が下りそうでなかったため省エネという名目で運輸省の許可を得ました。
そのためファイナルギアを高くしています。
初搭載は430型 セドリック・グロリアです。
今では懐かしいデストリュビューターが見えます。
カウンターフロー型であり、エンジンの右側に吸気管と排気管が交互に並んでいます。とくにTURBOの場合、配管がきれいに配置することができます。
点火プラグはエンジンの左側に設置されています。
カムシャフトはシリンダヘッド上部にあります。SOHCですのでヘッドがコンパクトです。
NAのL20Eは最高出力 125PS/6000rpm、17.0kg・m/4400rpmです。
最大過給圧は0.35kg/cm2かと思われます。
形式直列6気筒 ガソリンエンジン
排気量1988
ボア*ストローク78.0*69.7
圧縮比7.3
最高出力145PS/5600rpm(グロス)
最大トルク21.0kg・m/3200rpm
燃料消費率205g/psh/2400rpm
燃料ガソリン
燃料供給装置日産EGI
バルブ駆動SOHC チェーン
ボアピッチ96.5-96.5-98.0-96.5-96.5mm

LD28 1979年

ガソリンのL型エンジンをベースにした6気筒のディーゼルエンジンです。
ただしガソリンの2.8リットルのL28(ボア 86.0 ストローク 79.0 2753cc)よりロングストロークとなっています。
6気筒により高速なディーゼルというイメージがあります。
一般的なディーゼルエンジンでは4000rpm回転程度が最高馬力発生となりますが、このエンジンでは4600rpmとなっています。
ディーゼルの場合、3000ccまで5ナンバーとなります。当時(1989年に税額の改定)は3ナンバーは5ナンバーに対して倍以上の税金がとられていたので、ガソリンエンジンでは2000cc、ディーゼルでは3000ccというエンジンが幅を利かせていました。
1980年にSKYLINE 280GTに搭載され最高速度160km/h 0~400m加速 18.7秒を発揮しました。(ディーゼル自動車がよくわかる本 杉本和俊 著 山海堂)
形式直列6気筒 過流室式ディーゼルエンジン
排気量2792
ボア*ストローク84.5*83.0
圧縮比22
最高出力91PS/4600rpm
最大トルク17.3kg・m/2400rpm
燃料軽油
燃料供給装置VE型燃料噴射ポンプ
バルブ駆動SOHC チェーン
ボアピッチ96.5-96.5-98.0-96.5-96.5mm
重量225kg

Y44E 1975年

プレジデント用のV8エンジンです。バルブはOHV駆動です。
今では懐かしいデストリュビューターが見えます。
エンジンのバンク側が吸気、外側が排気となっています。

形式V型8気筒 ガソリンエンジン
排気量4414
ボア*ストローク92.0*83.0
圧縮比8.6
最高出力200PS/4800rpm(グロス)
最大トルク35.0kg・m/3200rpm
燃料ガソリン
バルブ駆動OHV

Z18E 1977年

昭和53年排出ガス規制に対応するためL型エンジンを改良し、クロスフローヘッドを載せ大量EGR時に安定した燃焼を行うため1シリンダあたり2つの点火プラグを使用しています。
ちなみに飛行機の星形エンジンは2プラグでしたが。
形式直列4気筒 ガソリンエンジン
排気量1770
ボア*ストローク85.0*78.0
圧縮比8.8
最高出力115PS/6000rpm
最大トルク15.5kg・m/3600rpm
燃料ガソリン

RB20E 1984年

L型エンジンの後継エンジンの1つとして登場しました。
L型エンジンはターンフローでしたがクロスフロー型シリンダーヘッドを採用しております。
C32型 LAURELで初登場しました。
形式直列6気筒 ガソリンエンジン
排気量1988
ボア*ストローク78.0*69.7
圧縮比9.5
最高出力130PS/5600rpm
最大トルク18.5kg・m/5600rpm
燃料ガソリン
バルブ駆動SOHC ベルト
バルブ挟み角50.0度
ボアピッチ96.5-96.5-98.0-96.5-96.5mm

RB26DETT 1999年

いわずと知れた第二世代のSKYLINE GT-Rに搭載されていたエンジンです。
写真はBNR34のものです。

エンジンの左側が吸気、右側が排気です。
排気側に2つのターボチャージャーがわかると思います。
またエンジンの前後方向の中心にフロントタイヤ用のフロントデフが見えます。 左側には6連独立スロットルが見えます。
形式直列6気筒 ガソリンエンジン
排気量2568
ボア*ストローク86.0*73.7
圧縮比8.5
最高出力280PS/6800rpm
最大トルク40.0kg・m/4400rpm
燃料プレミアムガソリン
バルブ駆動DOHC ベルト
ボアピッチ96.5-96.5-98.0-96.5-96.5mm

VG30DETT 1989年

Fairlady ZのZ32に搭載されたエンジンです。
左右のバンクで独立したスロットルが設置されています。
吸気はバンク間に、排気は外側となっています。当然ターボチャージャーもインタークラーも左右別々に搭載しています。
左右バンクで吸排気が完全に独立しています。
形式V型6気筒 バンク角60度 ガソリンエンジン
排気量2960
ボア*ストローク87.0*63.0
圧縮比8.5
最高出力280PS/6400rpm
最大トルク39.6kg・m/3600rpm
燃料プレミアムガソリン
バルブ駆動DOHC ベルト
バルブ挟み角46度
ボアピッチ108
バンクオフセット41

VQ35DE


以下はV35スカイラインに搭載されたVQ35DEの諸元です。 チェーンは、クランクシャフトと吸気側のカムシャフト間を1段目のチェーンで駆動。 吸気側と排気側を左右それぞれ別のチェーンで駆動する2段チェーンとしています。 シリンダブロックは全世代のVGと異なりアルミ製です。
形式V型6気筒 バンク角60度 ガソリンエンジン
排気量3498
ボア*ストローク95.5*81.4
圧縮比10.3
最高出力272PS/6000rpm
最大トルク36.0kg・m/4800rpm
燃料プレミアムガソリン
バルブ駆動DOHC 2段チェーン
バルブ挟み角27.7度
ボアピッチ108
バンクオフセット40

VR38DETT

第3世代のGT-R用のエンジンです。
形式V型6気筒 バンク角60度 ガソリンエンジン
排気量3799
ボア*ストローク95.5*88.4
圧縮比9.0
最高出力480PS/6400rpm
最大トルク60.0kg・m/3200rpm
燃料プレミアムガソリン
バルブ駆動DOHC 2段チェーン
バルブ挟み角駆動27.7度
ボアピッチ108
バンクオフセット40
潤滑セミドライサンプ

VVEL

日産の大排気量エンジンに搭載されるバルブリフト量を連続可変できるシステムです。
詳細は以下を参照してください。
VVEL(Variable Valve Event & lift)バルブ作動角・リフト量連続可変システム