ブラシの作成または取得

ブラシには、ストックブラシ、単色の単純なブラシ、ハッチ模様のブラシ等があります。

ストックオブジェクトからブラシを取得

ストックブラシはWindowsがあらかじめ作成しているブラシであり、GetStockObject APIにより取得できます。ストックオブジェクトなので、使用が終わってもDeleteObject APIによりプログラマが削除する必要はありません。ストックブラシには以下のものがあります。
BLACK_BRUSH 黒のブラシ 
DKGRAY_BRUSH 濃い灰色のブラシ
GRAY_BRUSH 灰色のブラシ
LTGRAY_BRUSH 明るい灰色のブラシ 
WHITE_BRUSH 白のブラシ
NULL_BRUSH 透明のブラシ
透明のブラシを使えば塗りつぶしをしなくなります。

使用例(C++のソース)

GetStockObject(WHITE_BRUSH);

ハッチの種類と色を指定してブラシを作成

単色の単純なブラシの作成には、 CreateSolidBrush APIを使用します。
引数が色です。
ハッチ模様のブラシの作成には、 CreateHatchBrush APIを使用します。 第1引数がハッチの種類、第2引数が色です。
ハッチの種類は以下のとおりです。

使用例(C++のソース)

hBrush = CreateHatchBrush(HS_CROSS, RGB(0, 255, 0));

ビットマップからブラシを作成

リソースに埋め込まれているneko.bmpをブラシとして使用する例です。

使用例(C++のソース)

HBITMAP hbitmap=LoadBitmap(hinst,TEXT("BMP_RC"));
HBRUSH hbrush=CreatePatternBrush(hbitmap);

リソースファイル

BMP_RC	BITMAP	"neko.bmp"