標高より気圧・温度の関係

標高と気圧・温度の関係 atm hPa mmHg SVGの代替画像
標高が高くなる気圧が下がります。
標高と気圧の関係は以下の式のとおりです。

P:当該標高の気圧(hPa)
P0:海面気圧(hPa)
h:標高(m)
T0:海面地点の気温(℃)
水銀柱760mm=1013.25hPa=1atm
標高と気温の関係は以下の式のとおりです。

標高より気圧・温度を算出

P0=hPa
T0=
h=m
P=
T=