概要

指定されたキーに含まれるサブキー・エントリーを検索しそのデータを表示します。
キー名とは、下図の左側のウィンドウに表示されている内容であり、エントリー名は右側のウィンドウの名前の列に表示されています。
キー名は_tmain関数内で定義されている変数で指定します。(findkey)
動作確認したパソコンのレジストリの定義は以下のとおりです。

以下に実行結果の一部を示します。
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\.Current","",REG_SZ,"C:\Windows\media\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\.Default","",REG_EXPAND_SZ,"%SystemRoot%\media\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Afternoon","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Afternoon\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Calligraphy","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Calligraphy\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Characters","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Characters\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Cityscape","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Cityscape\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Delta","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Delta\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Festival","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Festival\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Garden","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Garden\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Heritage","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Heritage\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Landscape","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Landscape\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Quirky","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Quirky\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Raga","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Raga\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Savanna","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Savanna\Windows Ding.wav"
"AppEvents\Schemes\Apps\.Default\.Default\Sonata","",REG_SZ,"C:\Windows\Media\Sonata\Windows Ding.wav"
この実行結果を見て鋭い人は気がついているかもしれませんが、Windowsのサウンドイベントに対するwavファイルの設定です。

テスト環境

コンパイラ

Visual C++ 2008/2013 Express 32bit/64bit マルチバイト/UNICODE

実行環境

Windows 7 Enterprise Service Pack 1 64bit(Power User)

プログラムソースの概要

キーの中にサブキーがあることがありますので、キーを検索する関数(listKey)を定義し、サブキーが見つかった場合は再帰呼び出しにより処理します。
fullKeyにはキーの完全名が保存されます。

listKey

サブキー・エントリー・データの取得を行うメイン関数です。
RegOpenKeyEx APIによりキーを開きます。READ_KEY属性を付加して書込みできないようにしておきます。
RegEnumKeyEx APIの第2引数にdwIndex=0,第4引数にバッファサイズを指定して呼び出しサブキーを取得します。
RegEnumKeyEx APIの戻り値がERROR_SUCCESSの場合は正常に取得できたので、サブキーを取り出し、キーとサブキーを結合してlistKey関数を再帰呼出しを行います。
dwIndexに1を加算し、RegEnumKeyEx APIの戻り値がERROR_NO_MORE_ITEMSになるまで連続して呼び出します。
サブキーの取得が終わったら、エントリーとデーターの取得をkeyValue関数で行います。 RegCloseKey APIによりRegOpenKeyEx APIで取得したハンドルを閉じます。

keyValue

キーハンドルより含まれるエントリーとデーターを検索します。
エントリーを列挙するために、第2引数にdwIndex=0を指定してRegEnumValue APIを呼び出します。
エントリー名とデータを取り出し表示します。お気づきとは思いますが、本サンプルでは、REG_SZとREG_EXPAND_SZのみサポートしています。
dwIndexに1を加算して、RegEnumValue APIの戻り値がERROR_NO_MORE_ITEMSになるまで連続して呼び出します。

ソースコード

//	レジストリ \HKEY_CURRENT_USER\AppEvent\Schemes\Apps\.Default を標準出力に一覧表示する

#include <windows.h>
#include <stdio.h>
#include <tchar.h>

//	サブキーの検索
void listKey(HKEY hRootKey, TCHAR* key, TCHAR* fullKey, DWORD fullKeySz);

//	エントリーに含まれるデータを表示
void keyValue(HKEY hKey, TCHAR* fullKey);

//	エントリのデータを表示
void putData(DWORD type, BYTE* data, DWORD sz);


void _tmain(void){
	TCHAR* findKey = _TEXT("AppEvents\\Schemes\\Apps\\.Default");

	TCHAR fullKey[1024];
	_tcscpy_s(fullKey, sizeof(fullKey) / sizeof(TCHAR), findKey);
	listKey(HKEY_CURRENT_USER, findKey, fullKey, sizeof(fullKey) / sizeof(TCHAR));
}


//	サブキーの検索

void listKey(HKEY hRootKey, TCHAR* key, TCHAR* fullKey, DWORD fullKeySz){
	HKEY hKey;
	DWORD dwResult;
	dwResult = RegOpenKeyEx(hRootKey, key, 0, KEY_READ, &hKey);
	if (dwResult != ERROR_SUCCESS){
		_putts(_TEXT("error"));
		exit(1);
	}
	DWORD dwIndex;
	FILETIME ftLastWriteTime;
	TCHAR subKey[1024];

	int sz = _tcslen(fullKey);
	//	サブキーの列挙
	for (dwIndex = 0;; dwIndex++){
		DWORD subKeySz = sizeof(subKey) / sizeof(TCHAR);
		dwResult = RegEnumKeyEx(hKey, dwIndex, subKey, &subKeySz, NULL, NULL, NULL, &ftLastWriteTime);
		if (dwResult == ERROR_NO_MORE_ITEMS)
			break;
		if (dwResult == ERROR_SUCCESS){
			_tcscat_s(fullKey, fullKeySz, _TEXT("\\"));
			_tcscat_s(fullKey, fullKeySz, subKey);
			listKey(hKey, subKey, fullKey, fullKeySz);
			fullKey[sz] = _T('\0');
		}
	}
	//	エントリーの列挙
	keyValue(hKey, fullKey);
	RegCloseKey(hKey);
}


//	エントリーに含まれるデータを表示

void keyValue(HKEY hKey, TCHAR* fullKey){
	DWORD dwResult;
	DWORD dwIndex;
	TCHAR entry[1024];
	DWORD entrySz;
	DWORD type;
	BYTE data[1024];
	for (dwIndex = 0;; dwIndex++){
		entrySz = sizeof(entry) / sizeof(TCHAR);
		DWORD cbData = sizeof(data);
		dwResult = RegEnumValue(hKey, dwIndex, entry, &entrySz, NULL, &type, data, &cbData);
		if (dwResult == ERROR_SUCCESS){
			_tprintf(_TEXT("\"%s\",\"%s\","), fullKey, entry);
			putData(type, data, cbData);
			_tprintf(_TEXT("\n"));
		}
		if (dwResult == ERROR_NO_MORE_ITEMS)
			break;
	}
}


//	エントリのデータを表示

void putData(DWORD type, BYTE* data, DWORD sz){
	switch (type){
	case REG_SZ:
		_tprintf(_TEXT("REG_SZ,\"%s\""), (TCHAR*)data);
		break;
	case REG_EXPAND_SZ:
		_tprintf(_TEXT("REG_EXPAND_SZ,\"%s\""), (TCHAR*)data);
		break;
	default:
		_tprintf(_TEXT("%d,"), type);
		for (DWORD n = 0; n<sz; n++){
			_tprintf(_TEXT("%0.2x "), data[n]);
		}
		break;

	}
}

実行ファイルとソースファイルのダウンロード