概要

コマンドプロンプト上で指定されたURLのファイルの有無を確認しサイズと更新日時を取得します。以下に動作例を示します。
C:¥>inetdate http://yamatyuu.net
54589 2016年07月18日 08時53分00秒 200 http://yamatyuu.net

テスト環境

コンパイラ

Visual C++ 2008/2013 Express 32/64bit マルチバイト/UNICODE

実行環境

Windows XP Professional Service Pack 3 32bit(Virtual Box上の仮想マシーン)
Windows 7 Enterprise Service Pack 1 64bit
Windows 10 Home

プログラムソースの概要

inetdate.cpp

_tmain

HtmlGet2関数を呼び出し、ステータス、ファイルサイズ、更新日時を取得します。
取得されたステータス、ファイルサイズ、更新日時を標準出力に出力します。

HtmlGet2

InternetCrackUrl APIによりURLからサーバー名等を取得します。
インターネットのサービスをInternetOpen APIによりオープンします。
InetrnetConnect APIによりサーバーに接続します。
HttpOpenRequest APIによりサーバーリクエストを初期化し、HttpSendRequest APIによりリクエストします。
HttpQueryInfo APIによりリクエストに対するステータス(答え)を取得します。 この時、エラーステータスが返された場合、終了します。ここでいうエラーとはお馴染みの403等です。
HttpQueryInfo APIによりファイルサイズを取得します。
HttpQueryInfo APIによりファイルの更新日時を取得します。
更新日時は世界標準時なので日本時間に変換します。
各ハンドルをInternetCloseHandle APIにより閉じます。

ソースコード

inetdate.cpp

//	インターネット上のファイルの有無、サイズ、日時を取得する

#include <windows.h>
#include <wininet.h>
#include <stdio.h>
#include <tchar.h>
#include <locale.h>
#include "resource.h"

#pragma comment(lib,"wininet.lib")

//	インターネット上のファイルの有無、サイズ、日時を取得する
bool HtmlGet2(TCHAR* url,DWORD* status_code,DWORD* sz,SYSTEMTIME* LocalTime);


int _tmain(int argc,TCHAR** argv){
	_tsetlocale(LC_ALL, _TEXT(""));	//	UNICODE文字を標準出力に正しく表示できるように
	if(argc!=2){
		_tprintf(_TEXT("使い方¥n  inetdate url名¥n"));
		exit(1);
	}
    TCHAR* url=argv[1];
	SYSTEMTIME LocalTime;
	DWORD s,sz;

	if(HtmlGet2(argv[1],&s,&sz,&LocalTime)==true){
		_tprintf(_TEXT("%i "),sz);
		_tprintf(_TEXT("%.4i年%.2i月%.2i日 %.2i時%.2i分%.2i秒"),LocalTime.wYear , LocalTime.wMonth , LocalTime.wDay , LocalTime.wHour , LocalTime.wMinute , LocalTime.wSecond);
		_tprintf(_TEXT(" %i %s¥n"),s,url);
	}else{
		_tprintf_s(_TEXT("0 0 %i %s¥n"),s,url);
	}
}

//	インターネット上のファイルの有無、サイズ、日時を取得する
bool HtmlGet2(TCHAR* url,DWORD* status_code,DWORD* sz,SYSTEMTIME* LocalTime){
	URL_COMPONENTS uc;
	HINTERNET hiopen;
	HINTERNET hiconnect;
	HINTERNET hirequest;

	TCHAR host_name[64];
	TCHAR path[64];
	TCHAR buf[64];

	ZeroMemory(&uc , sizeof(URL_COMPONENTS));
	uc.dwStructSize=sizeof(URL_COMPONENTS);
	uc.lpszHostName=host_name;
	uc.lpszUrlPath=path;
	uc.dwHostNameLength=sizeof(host_name)/sizeof(TCHAR);
	uc.dwUrlPathLength=sizeof(path)/sizeof(TCHAR);

//	URLの解析

	unsigned url_len=(unsigned)_tcslen(url);
	if( InternetCrackUrl(url , url_len , ICU_ESCAPE , &uc )==FALSE){
		MessageBox(0,_TEXT("InternetCrackUrl:URLの解析に失敗しました。"),_TEXT("エラー"),MB_OK);
		return false;
	}

	DWORD flags=0;

	if(uc.nScheme==INTERNET_SCHEME_HTTP){
		flags= INTERNET_FLAG_RELOAD | INTERNET_FLAG_DONT_CACHE | INTERNET_FLAG_NO_AUTO_REDIRECT;
	}else if(uc.nScheme==INTERNET_SCHEME_HTTPS){
		flags=INTERNET_FLAG_RELOAD | INTERNET_FLAG_DONT_CACHE |  INTERNET_FLAG_NO_AUTO_REDIRECT
			| INTERNET_FLAG_SECURE | INTERNET_FLAG_IGNORE_CERT_DATE_INVALID
			| INTERNET_FLAG_IGNORE_CERT_CN_INVALID;
	}else{
		MessageBox(0,_TEXT("HTTPでもHTTPSでもありません"),_TEXT("エラー"),MB_OK);
		return false;
	}
	_stprintf_s(buf,sizeof(buf)/sizeof(TCHAR),_TEXT("%s"),uc.lpszUrlPath);

//	インターネットのサービスハンドルの取得(レジストリ内のIEの設定を使用)
	hiopen=InternetOpen(_TEXT("inetdemo"),INTERNET_OPEN_TYPE_PRECONFIG,	NULL, NULL, 0 );
	if(hiopen==NULL){
		MessageBox(0,_TEXT("InternetOpenで初期化に失敗しました"),_TEXT("エラー"),MB_OK);

		return false;
	}
//	HTTPサーバーへの接続
	hiconnect=InternetConnect(hiopen , uc.lpszHostName , uc.nPort , NULL , NULL , INTERNET_SERVICE_HTTP , 0 , 0);
	if(hiconnect==NULL){
		InternetCloseHandle(hiopen);
		MessageBox(0,_TEXT("InternetConnectでHTTP接続に失敗しました"),_TEXT("エラー"),MB_OK);
		return false;
	}

//	HTTPサーバーへのリクエストの初期化

	hirequest=HttpOpenRequest(hiconnect,_TEXT("GET"),buf,NULL,NULL,NULL,flags,NULL);
	if(hirequest==NULL){
		InternetCloseHandle(hiconnect);
		InternetCloseHandle(hiopen);
		MessageBox(0,_TEXT("HttpOpenRequestでHTTP接続に失敗しました"),_TEXT("エラー"),MB_OK);
		return false;
	}
	if(HttpSendRequest(hirequest , NULL , 0 , NULL , 0)==FALSE){
		InternetCloseHandle(hirequest);
		InternetCloseHandle(hiconnect);
		InternetCloseHandle(hiopen);
		MessageBox(0,_TEXT("HtpSendRequestでHTTP要求送信に失敗しました"),_TEXT("エラー"),MB_OK);
		return false;
	}

//	HTTPリクエストに関連する情報を取得する(ステータスコードを32ビットで返す)

	*status_code=0;
	DWORD len=sizeof(DWORD);
	if(HttpQueryInfo( hirequest , HTTP_QUERY_STATUS_CODE | HTTP_QUERY_FLAG_NUMBER,status_code,&len,0)==FALSE){
		InternetCloseHandle(hirequest);
		InternetCloseHandle(hiconnect);
		InternetCloseHandle(hiopen);
		*status_code=0xffffffff;
		return false;
	}
	if( *status_code != HTTP_STATUS_OK){	//	エラーがー発生した
		InternetCloseHandle(hirequest);
		InternetCloseHandle(hiconnect);
		InternetCloseHandle(hiopen);
		return false;
	}
	//	ファイルサイズの取得
	*sz=0;
	len=sizeof(*sz);
	if(HttpQueryInfo( hirequest , HTTP_QUERY_CONTENT_LENGTH | HTTP_QUERY_FLAG_NUMBER,sz,&len,0)==TRUE){

	}
	SYSTEMTIME UTCTime;
	len=sizeof(UTCTime);
	if(HttpQueryInfo( hirequest ,HTTP_QUERY_LAST_MODIFIED | HTTP_QUERY_FLAG_SYSTEMTIME ,&UTCTime,&len,0)==TRUE){
		FILETIME FileTime, LocalFileTime;

		SystemTimeToFileTime(&UTCTime,&FileTime);
		FileTimeToLocalFileTime(&FileTime, &LocalFileTime);
		FileTimeToSystemTime(&LocalFileTime, LocalTime);
	}

	InternetCloseHandle(hirequest);
	InternetCloseHandle(hiconnect);
	InternetCloseHandle(hiopen);
	return true;
}

ソースコードと実行ファイルのダウンロード