(C:Windows98 FAT32 D:Windows2000 NTFS)

 

Windows 2000がNTFSに入っていなければWindows98で起動して簡単にコピーできますが、この場合は、無理です。

セカンダリに新しいハードディスクをつなぎWindows 2000を起動。

新しいハードディスクのパテーションを設定し、フォーマットする。

現在起動しているシステムは、一部コピーできないファイルがあるので、セーフモードでWindows 2000を再起動し、Administrators権限でログインしWINNT(WINNT\system32\config フォルダは共有違反でコピーできません)とProgram Filesをコピーする。ディレクトリ以外でページファイルを除いて、ルートのファイルをコピーする。

Document and Setteingは、現在ログインしているユーザはコピーできないのでログインユーザーを除いてコピーします。コピー用にアカウントを作って、そのアカウントでログインしてコピーすればよいでしょう。

 

Windows 98起動ディスクで起動し、sys c: でMBRを設定する。

MBRをc:\bootsect.dosに保存する。

Windows 98がハードディスクから起動するのを確認する。

Windows 2000起動ディスクを起動し、回復コンソールを起動する。

SET AllowAllPaths = TRUE を実行してすべてのフォルダーのアクセス権を得る。

元のwinnt\system32\config から 新しい winnt\system32 へファイルをコピーする。

ワイルカードが指定できないので、20個近くのファイルを1個ずつコピーする。

fixboot コマンドで新しいハードディスクにブートセクタを書き込む。

以上で起動するかと思ったが、ログオン画面を過ぎたら、またログオン画面が出てくる。ドライブの構成が変わってしまったようだ。

この場合は、Windows 98の起動ディスクで起動して fdisk /mbr を実行する。

Windows 2000はインストール時にMBR領域にインストール時のドライブに関する情報を書き込んで、起動時にチェックをしていて、差異があればログイン後正常に起動できなくなるわけだ。でその情報を消せば起動できるわけである。

以上で起動可能になりました。